ユカイの投資生活手帖

楽しく使いつつ、コツコツ増やしたい。

【本の感想】臆病な人でもうまくいく投資法(竹川美奈子・著)

竹川美奈子さんのNISA本やiDeco本が初心者向けに分かりやすくまとまっていて好印象だったので、続けて「臆病な人でもうまくいく投資法」も読んでみました。

臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話

臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話

 

 

一般の投資家の体験談

 この「臆病な人でもうまくいく投資法~お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話」は、投資を上手に生活に取り入れ資産を増やしている11人の一般の方の体験談が掲載されています。

仕事・生活パターンの違う11人が、どのような考えで運用を行っているのかがリアルに描かれており、参考になりすぎてあっという間に読んでしまいました。

投資のやり方はみんな違っていて人それぞれでしたが、皆さん最初からスマートに運用しているわけでなく、手探りで紆余曲折しながら時間をかけて自分に合う方法を見つけてでコツコツと資産を増やしていました。そのことを知って私は少し安心しました。

ただ、社会人一年生の時にこういう話を知っておきたかったなぁとも思ってしまいました。

コツコツ&長期保有

投資を続けていると相場が大きく動いて暴落することもあり、一時的な暴落で精神的に耐えられず売ってしまい損失を作る人が多いそうです(その気持ちわかります)。そうならないための戦略が「コツコツ」と「長期」で積み立てていくことです。

私は相場が大きく下がったらきっと慌てふためいてしまうタイプなので、一時的な暴落でも取り乱したりしないでコツコツ長期で積み立てていけばよい、ということが分かったことは大きな収穫です。暴落が来たときは(来ないでほしいけど)またこの本をまた読み返えそうと思いました。

紹介されている皆さんは試行錯誤しながらも基本はほったらかしスタイルで運用していました。私も最終的には月1チェック程度でであとは放置、というように投資資産を整備したいと思っています。ですがまだ今は目下調査・勉強中です。

投資方針書をつくろう

この本では自分の投資ルールをきめた「投資方針書」を作成することをお勧めしていました。

投信方針書の効用は、方針書に従って淡々と投資を行えば余計なことは考えなくてよいということと、相場が大きく変動するなどメンタルが不安定になった時に読み返すと鎮静効果があるようです。私もぜひ作ってみようと思います。

 

色々な方の体験談を読んで投資へのモチベーションが上がりました。投資についてわかりやすく書かれているので、投資を始めたばかりの人にはもちろん、iDecoやNISAが気になっている人にもお勧めの1冊です。

※この本は3年前に出版されているので、紹介されている投資信託やETFなどの投資商品については参考程度にておくのがよいですね。

 

以下もわかりやすい本でおすすめです。

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

 
一番やさしい!  一番くわしい!  個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門

 

 

b=a(1+r)nb=a(1+r)n