ユカイの投資生活手帖

楽しく使いつつ、コツコツ増やしたい。

投資歴(4)インデックス投資メインへ方向転換

積立の投資信託で手ごたえを感じ、貯蓄(銀行の定期預金)も少ないながらもまとまってきたので、資産の見直しを行い投資金額を増やしてみようと、また資産運用についての調査をはじめました。そして出会ったのが「お金は寝かせて増やしなさい」という本。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

この本では、長期運用で手間が少なく着実に資産を増やしていく方法が紹介されています。内容が理にかなっていて、本格的に増やす資産設計を始めていこう、というきっかけをくれた本です。

著者の水瀬ケンイチさんは「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)」というブログを運営されている個人投資家で、日本で最も有名なインデックス投資ブロガーさんの一人です。最近水瀬さんが監修したムック本が発売されましたが↓、こちらは短時間でインデックス投資の概要が理解できるので、初心者の方には超おすすめです。

そしてこの本で私自身の投資信託の知識が全然浅かったことも実感しました。

まず実感したのは信託報酬手数料のこと。信託報酬は安いほうが良いということは漠然と知っていたのですが、「ほんの0.1%」が長期運用では大きな差となり「ほんの」ではなく「大きな0.1%」となることを理解しました。私が保有しているセゾン・バンガード・グローバル・バランスファンドもひふみプラスも、どちらも信託報酬は決して安くなく、自分の資産をもう一度見直してみようと思ったのはこの本のおかげです。資産設計の上で、債権が安定運用のポイントとなることもとても勉強になりました。

またiDeco(確定拠出型年金)も始めてみることにしました。iDecoの存在は知ってはいましたが、銀行の個人年金を長くやっていることと、「60歳まで解約できない=自分の資産なのに60歳まで使えない上に60歳まで必ず生きる保証はない」などの点をリスクに感じて興味がありませんでした。節税・老後の備えとしてよくできた仕組みであることを理解したので、現在資料請求中です。

こうやって投資歴を書いてみると、右往左往しながらも前進はしているのかな(^^;
将来の心配がなくなることはありませんが、今のうちにできることはどんどんやって少しでも備えていきたいと思います!

以上、私の投資歴でした。